研修制度

入社後1ヵ月のスケジュール

当社では毎月中途入社の社員を受け入れています。入社後1ヵ月は、配属にかかわらず東京本社にてしっかりと研修を受けていただきます。研修担当者からの直接指導を多く取り入れておりますので、未経験の方も安心して知識を身につけていただけます。

STEP01

1日目 入社ガイダンス

経理・総務・人事ガイダンス、当社ルール、情報セキュリティ、コンプライアンスなどを学びます。入社直後の簿記スキルを確認するため、簿記3級程度のテストがあります。また毎年4月に行われる経営方針発表会の社長プレゼンの様子をビデオ視聴し、期中入社の方にもしっかりと今年度のビジョンを共有します。

2日目 M&A業務プロセス研修

日本M&AセンターのM&A実務を講義します。M&Aプロセスにおける各ステージにおいてのポイントや各契約書の重要論点、社内手続きから承認までの流れ等を軸に、配属後に速やかに実践行動できるようにするための研修です。

3日目 テクニカル研修

日本M&Aセンターにおける案件化プロセス、マッチングプロセスの概略知識を学ぶための研修です。法人営業研修とともに社内データベースシステムの使い方もここで学びます。

STEP02

4~10日目 企業評価研修

企業評価研究所の専門家(公認会計士・税理士)が講師となり、実際に企業評価を行います。体系的な企業評価方法を5日間つきっきりで研修し、高いクオリティの仕事を速やかに身に付けます。最終日に理解度チェックがあります。

STEP03

11~15日目 企業概要書研修・オーナーインタビュー研修

企業評価研究所の概要書担当者が講師となり、実際に概要書を作成してレビューを受けます。理論的かつわかりやすさを追求した提案書にすべく、指導を行います。最後にプレゼンテーションの機会も設けられており、コンサルティング営業のプロが最前線の提案書作成スキルを伝授します。

STEP04

16日目~ 法人営業研修

買い手開拓の新規営業を実践し、顧客への突破力や開拓力を身に付けるための研修です。同行訪問やマッチング活動を通じて、入社後の社内のビジネスコミュニケーションの第一歩となります。

STEP05

入社1ヵ月後 配属

その他研修・必須資格等

外部研修・必須資格

財務知識に基づく定量的な企業目利きはM&Aコンサルタントとして必要最低限レベルのスキルです。これを身につけていただくため、当社指定の通信講座受講、簿記2級合格、事業承継・M&Aエキスパート試験合格は、6ヵ月後に正社員になるための要件となっています。

ファウンダー研修

入社から1ヵ月以内に、日本M&Aセンターの創業者である会長が自ら、経営理念、ビジネスに対する考え方、コンサルティング営業に関する研修を行います。当社のビジョンを踏まえて直接創業者と接することで、全社員のベクトルが合致していきます。

基礎実務研修

入社後半年間にわたり月1~2回、M&Aにおいて常に必要となる知識(金融、不動産、登記、トラブル対応等)を基礎実務研修にて身に付けます。

フォローアップ研修

各部署へ配属後も、3~4ヵ月後に教育研修の専任担当者がフォローアップ研修を行います。 ロールプレイングが中心で、現状のヒアリングも行います。

研修フォローアップ制度

業界未経験の方でも最速でプロフェッショナルを目指せるよう、スキルと経験にあわせた研修プログラムを実施しています。

研修フォローアップ制度

海外大学派遣

シンガポール国立大学リークワンユー公共政策大学院への短期派遣を定期的に行っています。アジアの政治から経済、社会まで幅広く学びます。

※このほか、コンプライアンス研修、情報セキュリティ等に関する研修は全社員を対象にに随時開催しています。