Career

キャリアディベロップメント

人事制度・福利厚生

人事制度・福利厚生

理念

3KMの推進

3KM(スリーケーエム)とは、「個人」 「家庭」 「会社」の“三つのK”について、「意欲(Motivation)」を高め、「目標(Mark)」 による「管理(Management)」(“三つのM”)していくことを言います。
3KMを通じて個人・家庭生活及び仕事の面で精神的・健康的・経済的に豊かでバランスの取れた状態を目指すことを推進します。
日本M&Aセンターグループではワークライフバランスを発展させた3KMに関する研修・定着化を行っております。

3KMの推進

公明正大な評価体系

業歴や情実ではなく、成果を正しく反映させた透明な報酬体系

業歴や情実ではなく、成果を正しく反映させた透明な報酬体系

会社の成長とともに、自身の成長と財産形成を可能

会社の成長とともに、自身の成長と財産形成を可能

フルコミッション、極端な成果給ではなく、一部上場会社に相応の基本給に、個人の成果をプラスした長期間安定して働ける給与制度

フルコミッション、極端な成果給ではなく、一部上場会社に相応の基本給に、個人の成果をプラスした長期間安定して働ける給与制度

人事制度

  • MA6(部活動)
    MA6は、「みんなでアフター6」の略で、部署を超えたコミュニケーションのため開催するイベント活動です。誰でも参加・企画可能です。ワインやゴルフ、ランニング、フットサル、テニス、野球、スポーツ観戦、ジャズ鑑賞等、幅広いイベントが開催されています。
    ヘルスケア・メンタルケア
    健康診断(年1回)、産業医相談、予防接種費用補助、安全・衛生委員会設置、キャリア相談窓口ほか
    インセンティブプラン
    日本M&Aセンターグループでは、生活安定化のために固定給を手厚くするとともに、成果に応じて一層高い給与水準を実現できるインセンティブ給与を支給しています。これにより、国内企業で有数の給与水準となっております。また、業績優秀者に対しては海外への研修旅行参加資格を与え、海外のM&A事情にふれ、モチベーションを高める制度もあります。
    年間業績表彰
    毎年、年間成績優秀者は全社員の前で表彰されます。社長からトロフィー等の記念品が贈呈されます。
    優秀社員海外視察
    3月末までの年間目標を12月末までに達成した社員は、1月に海外視察旅行に行きます。2019年度は85名の社員がシンガポールとロンドン視察旅行に行ってきました。過去にはニューヨーク、シリコンバレーなどの視察実績があります。
    資格取得補助制度
    税理士、中小企業診断士、簿記などの資格取得希望者に対して、資格取得費用を一部補助する制度があります。
    バースデーギフト
    普段から社員を支えてくれる配偶者を対象に、誕生日にプレゼントを会社から送付します。
    業績達成者パーティ
    業績達成者パーティは、年間業績達成者と、そのご家族の皆様を招待し、毎年ホテルで盛大に開催しています。日頃、活躍を支えてくれているご家族に感謝の気持ちを伝えます。
    早期ラップ達成者旅行券贈呈
    上期で早期に会社の業績に貢献をした社員に対して、宿泊ギフト券や旅行券などの支給をおこなっています。
    転職成功祝い金
    当社に営業職(正社員)として入社し、初めての契約をした場合、100 万円を支給します。
    (入社日から13 ヶ月以内に成約した場合に限る。新卒入社者は除く。)
    社外福利厚生
    日本最大級の福利厚生サービスに加入しており、国内外の宿泊、旅行、レジャー、エンターテイメント、 グルメ、スポーツ、育児、介護サービス等を会員価格で利用することができます。
    リゾートホテル会員権
    会社が契約する保養所、福利厚生施設の全国各地に会員制の保養施設もあり、安価な料金で利用できます。
    例)東急ハーヴェスト倶楽部、エクシブ(リゾートトラスト)、ベイコート俱楽部
    慶弔金制度
    婚姻、出産などの際に毎月会社より祝金と表彰が行われています。
    10年勤続賞
    10年勤続者の慰労・リフレッシュを目的として、表彰・旅行券の付与を行います。
  • その他福利厚生

    休暇
    有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、産前産後休暇、生理休暇、子の看護休暇、介護休暇、裁判員休暇、慶弔休暇
    社宅・引越し費用補助
    転勤により引越しを伴う社員の生活負担を軽減するために、会社が引っ越し費用の実費負担および入居資格者に社宅を手配します。
    DC(確定拠出年金)制度
    毎月の給与から一定額を拠出して、それを社員が自ら運用する年金制度です。
    積み立てたお金は、60歳以降に年金または一時金として受け取ることができます。各種税制メリットが受けられるなど、普通に貯蓄するよりも有利に資産形成が行うことができます。
    持株会
    勤続1年以上の社員は従業員持株会に入会できます。また、自己の積立金に対して会社から10%の奨励金が加算されます。
    ストックオプション制度
    会社業績と行使条件がリンクする有償ストック・オプションを発行時の全ての正社員を対象に割当ててきました。これにより、業績向上へのインセンティブが働くようにするとともに会社の企業価値の向上に伴い、低リスクでその恩恵を社員が受けられる仕組みを設けています。

その他

従業員満足度

日本M&Aセンターグループでは、社員満足度の高さは顧客等へのサービス提供の品質向上に不可欠と考えております。年に2度の定期面談のほか、社長への「シークレットレター」制度を設け、「社員の希望を吸い上げ、実現する」ことに積極的に取り組んでいます。
また、「社員満足度」に関し、フィスコ社の公表した「機関投資家&アナリスト 企業調査レポートアワード」2015(2016年6月17日公表)及び2016(2017年7月3日公表)において、2年連続1位と評価されています。同アワード2017の公表はありませんでしたが、同アワード2018が2019年2月19日に公表され、当社は4位と評価されています。

ESG経営
ダイバーシティの推進
ジェンダー

日本M&Aセンターグループでは、全ての社員が、ジェンダーに関わらず活躍することが企業価値の向上につながると考え、多様な人材・働き方ができるよう取り組んでいます。

育児中の女性の中には子会社を含む取締役もおり、女性の積極的な登用を実施しております。現在、連結要員数に占める女性比率は29%であり、これを30%以上にすることを中期的な目標とします。

育児との両立支援
子育て中の社員に対して、最大小学4年生まで短時間勤務を延長できる制度を設けており、家庭との両立に向けて制度拡充を行っています。
障がい者雇用
障がい者の方が意欲をもって働けるよう、障がいの内容や職務希望などを考慮したうえで、入社後の配属先や担当業務、勤務時間帯などを決定し、能力を発揮しやすい職場環境の整備・配慮に取り組んでいます。
再雇用制度
高齢従業員の経験や知識が貴重な資産であると考えています。定年退職後も就労を希望する従業員のための機会を提供するため、2019年より再雇用制度を導入しています。
外国人の登用
事業のグローバル化の進展に伴い、外国籍従業員および海外現地従業員の登用を積極的に進めています。機会均等や人材の相互理解の観点からも、海外拠点社員と営業活動の方法や市場環境に関する情報交換を行う勉強会や、留学生のホームステイおよびインターンシップ受け入れ、海外会計事務所の研修ツアーなども開催しております。