M&証券会社の皆様のパワーも結集し、M&A成功の原石を発掘する。
People

先輩社員紹介

証券会社の皆様のパワーも結集し、
M&A成功の原石を発掘する。

村若 紗衣 Sae Murawaka

株式会社日本M&Aセンター 
野村證券提携1部 野村證券情報開発2課

職種:M&Aコンシェルジュ

入社年:2020年

入社時の年齢:27歳(中途)

成長性に注目。変化を求めて、未知の世界にチャレンジ。

TOPIC 1

成長性に注目。変化を求めて、
未知の世界にチャレンジ。

もともと「変化」が好きなんです。新卒で証券会社に入ったのも、常に変化し続ける市場を相手にするイメージを描いていたから。ただ実際は、同じエリアで個人営業に携わる日々が5年間続きました。

他のエリアに移っても、やることが変わるわけではないと思い、半ばルーチン化してしまった仕事を続けるのではなく、新しいチャレンジができる環境を求めて転職を考えるようになりました。投資信託の新規純増や新規導入資金で社内表彰されるようになり、一通りのことは吸収できたという思いもありました。

転職活動の中で出会ったのが、日本M&Aセンターです。以前から株価は見ていましたし、成長ぶりに注目していた会社です。証券会社での営業経験を活かせる点、そして、M&Aというまったく未知の世界にチャレンジできる点に魅力を感じて、当社に飛び込みました。

百人百様のアプローチで、案件発掘につなげる

TOPIC 2

百人百様のアプローチで、
案件発掘につなげる

日本M&Aセンターは金融機関や会計事務所などと連携することで、あらゆる業種・地域を網羅するM&Aの情報ネットワークを築き、業界No.1の実績を実現しています。私が携わっているのは、大手証券会社の営業担当者との関係性を深め、M&Aにつながる案件を発掘するM&Aコンシェルジュ。具体的な動きとしては、証券会社の支店ごとにM&Aについて啓蒙する勉強会を開いたり、営業担当の方に同行して経営者から事業承継などのニーズをヒアリングし、M&Aという選択肢を提案しています。

M&A案件を発掘し、コンサルタントにトスアップするまでがコンシェルジュの通常の役割。案件の規模によっては、グループ会社のM&Aプラットフォーム『BATONZ』に引き継ぐこともあります。私が担当しているのは8カ店。1日1件ほどのペースで案件を紹介いただき、部署全体では8件に1件程度が契約に至っています。

ルーチンワークは一切なし。日々チャレンジし、成長できる

TOPIC 3

ルーチンワークは一切なし。
日々チャレンジし、成長できる

まずは案件を紹介していただくことが大切なので、新人の営業担当にも気軽に相談してもらえるよう「わからないことは何でも聞いてください!」「どんな案件でも相談に乗ります!」と普段からアピールしています。相手に合わせたきめ細やかなアプローチで、色々な世代・タイプの営業担当と関係構築に取り組んでいます。

相談に乗った案件が契約に至れば、自身やチームの成績になるのはもちろん、証券会社の営業担当も、顧客の事業や人生をサポートすることで関係性を一層深められます。多くの営業担当と関係を築けるだけでなく、色々な業界の経営者にお会いし、深くお話を伺えるのも楽しいですね。前職では、決められた商品を提案するのみでしたが、今は、何が課題か、どう動くかを自分で考え、決める仕事です。ルーチンワークは一切なし。日々の決断と挑戦が、成長につながっています。

しっかり時間を割いて後輩を指導。学び続けられる環境がある。

TOPIC 4

しっかり時間を割いて後輩を指導。
学び続けられる環境がある。

入社前は、ガツガツした人たちが個人戦をしている会社というイメージがありましたが、良い意味で裏切られました。実際には、面倒見の良い先輩たちが揃っており、しっかり時間を割いて、チームで後輩を丁寧に育てる文化が根付いています。例えば、訪問前には30分程度時間をかけて、相手に合った最適な提案ができるよう、Web会議で事前準備をサポートしてくれます。週に1回は社内で勉強会も開催されています。

入社して1年たち、証券会社との関係性は徐々にできてきました。まだまだ私に足りないのはM&Aについての知識です。スペシャリストとしてのアドバイスを求められた時、期待にお応えできるよう、知識面での勉強を続けていきます。そのために学び続けられる環境は整っています。チャレンジを後押ししてくれる社風も、変化を楽しみたい私にピッタリです!

M&Aセンター